5歳

  • ¥ 648
  • なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え ちちんぷいの ぱっ あめがふろうと かぜがふこうと きょうはいいことあるように ちちんぷいの ぱっ ぱっととびおき おおきいこえで 「おはよう!」 -------------- あさおきるとき きらいなものをたべるとき なまけぐせをおいだすとき などなど、12の状況で それぞれおまじないの言葉は違います。 おこさまと一緒にとなえたら、 楽しい気分で過ごせそう。 「ぐりとぐらのおまじない」 2009年9月10日発行 ISBN 978483402460 28p 130×130mm 文字は大きくほぼひらがなで少しのカタカナ。 3才から。 左ページに絵、右ページに文章。 縦書きです。

  • ¥ 1,296
  • 荒戸里也子 著 狆が主役の絵本です。 狆はチベット由来で日本が原産の犬。 狆という漢字も日本の創作漢字です。 日本のきらびやかな和服にあうコントラストで 宮内で重宝されたよう。 お犬様(綱吉)の時代には 今でいうブリーダーのような飼育機関があり、 非人道ともいえる増やし方をしていたそうです。 この絵本の狆さまは とても愛されていますのでご安心を。 子どもたちにはおそらく げらげら笑える絵本でしょう。 「おいぬさま」 2014年8月25日 初版発行 2014年12月13日 第3刷発行 ISBN9784592761778 30p 265×195mm 文字はやや多め、 ひらがなとカタカナのみです。 絵は日本画風。色鮮やかです。

  • ¥ 972
  • エリック・カール さく もり ひさし やく 「おや、はっぱの うえに ちっちゃな たまご。」 おつきさまが、そらから みて いいました。 日曜日に生まれたあおむしは おなかがすいています。 月曜日から少しずつ、だんだんたくさん 土曜日には人間の子供たちが好きそうな いろいろなものを食べ、お腹が痛くなるお話。 最後は蝶になります。 「はらぺこあおむし」 Copyright 1969 1997年9月初版1刷 2017年9月2版150刷 ISBN9784032371109 24p 13×18cm 文字はやや多いです。 ひらがなとカタカナのみ。 本には穴が開いています。 あおむしの行動と気持ちを 外から眺めている様子が描かれています。