動物別

  • ¥ 648
  • なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え ちちんぷいの ぱっ あめがふろうと かぜがふこうと きょうはいいことあるように ちちんぷいの ぱっ ぱっととびおき おおきいこえで 「おはよう!」 -------------- あさおきるとき きらいなものをたべるとき なまけぐせをおいだすとき などなど、12の状況で それぞれおまじないの言葉は違います。 おこさまと一緒にとなえたら、 楽しい気分で過ごせそう。 「ぐりとぐらのおまじない」 2009年9月10日発行 ISBN 978483402460 28p 130×130mm 文字は大きくほぼひらがなで少しのカタカナ。 3才から。 左ページに絵、右ページに文章。 縦書きです。

  • ¥ 648
  • なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え 1月から12月を しりとりしながら紹介しています。 ------------ 一月は おしょうがつ つるとかめ めでたい いずみの みずを のむ むびょうそくさい いちねんかん ------------ 「ぐりとぐらのしりとりうた」 2009年9月10日発行 2015年2月20日第5刷 ISBN 9784834024616 28p 130×130mm 文字は大きくほぼひらがなとカタカナ。 一月から十二月の表記のみ漢字です。 3才から。 左ページに絵、右ページに文。

  • ¥ 648
  • なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え あさ いもほり うでまくり えんやらやっと おおきn おいも かわいい絵とリズムで 五十音が学べます。 「ん」は・・・ 「ぐりとぐらのあいうえお」 2002年2月1日発行 2016年8月15日第34刷 ISBN 9784834017953 24p 130×130mm 文字は大きくひらがなと少しのカタカナ。 3才から。 左ページに絵、右ページに文です。

  • ¥ 1,512
  • ジャック・ケント さく まえざわ あきえ やく あるところに、おばあさんが すんでいました。 あるひ、おかゆをつくっているときに、 おばあさんは おつかいを おもいだしました。 そこで ねこに いいました。 ------------------ なんでもどんどんたべちゃう猫さん。 最後のページまでお見逃しなく~☆ 「ふとっちょねこ」 Copyright 1971 2001年6月30日 第1刷発行 2010年4月25日 第4刷発行 ISBN 9784931284692 28p 186×246mm 文字はやや多めでひらがなとカタカナのみ。 アニメチックな絵。淡い色合いです。 ジャック・ケントさんの絵は お絵かきのまねっこ見本として とっても描きやすいです。 とくに人物はどれもかわいらしくて コツさえつかめば、どんな人でも描けちゃいそうです。

  • ¥ 1,296
  • 荒戸里也子 著 狆が主役の絵本です。 狆はチベット由来で日本が原産の犬。 狆という漢字も日本の創作漢字です。 日本のきらびやかな和服にあうコントラストで 宮内で重宝されたよう。 お犬様(綱吉)の時代には 今でいうブリーダーのような飼育機関があり、 非人道ともいえる増やし方をしていたそうです。 この絵本の狆さまは とても愛されていますのでご安心を。 子どもたちにはおそらく げらげら笑える絵本でしょう。 「おいぬさま」 2014年8月25日 初版発行 2014年12月13日 第3刷発行 ISBN9784592761778 30p 265×195mm 文字はやや多め、 ひらがなとカタカナのみです。 絵は日本画風。色鮮やかです。

  • ¥ 1,080
  • SOLD OUT
  • ユリア ヴォリ さく 迫村 裕子 やく ふたがすきなことは えをかくこと うしはじてんしゃに のること その他に、あなぐまと、 くろぶた(スル)とぺんぎんが出てきます。 すきなことがいろいろ描かれているので、 最後にすきなことのあてっこをしても楽しいかも。 表紙はスケート 表紙裏は縄跳びをしてますが、 すきなことには出てきません。 でもきっとすきなのです。 「ぶた すきなこといろいろ」 First Published 2005 2008年9月 初版第1刷発行 ISBN 9784894235571 24p 206×172mm 文字は大きく少ないです。 カタカナにもふりがな有。 絵も大きく印象的です。

  • ¥ 1,080
  • ユリア ヴォリ さく 迫村 裕子 やく ぶたがのっている あかいスクーター ハート てんとうむし ボタン トマト せんたくばさみ つみき まちばり しょうぼうしゃ ↑↑↑ あかいろのページに描かれている絵です あか きいろ みどり ピンク しろ くろ あお むらさき はいいろ オレンジ ちゃいろ 「ぶた いろいろないろ」 First Published 2004 2006年12月初版第1刷発行 2014年2月 第2刷発行 ISBN 9784894235014 24p 206×172mm 文字は大きく少ないです。 カタカナにもふりがながふってあります。 「色」を探したくなる絵本。

  • ¥ 1,728
  • ユリア ヴォリ 作 しまだ ゆか 訳 夢の中でなまけ者になる人たちのために。 玄関のベルがなった。 それはびしょぬれのきのこだった。 汗をかいているのか、 泣いているのかよくわからなかったけど、 少なくとも雨は降っていなかった。 「ぶたときまぐれきのこ」 First Published 2006 2011年5月 初版第1刷発行 2012年7月 第3刷発行 ISBN 9784894235045 48p 224×280mm 絵ははっきりとした色づかい。 お話に出てくる小物が丁寧に描かれています。 文字は小さく、多いです。 文章も奇異です。 読み聞かせてあげれば、 子どもは喜ぶかもしれません。

  • ¥ 648
  • (古書:目立った色落ちや破れなし。  とてもきれいな絵本ですが、中古品になりますので  経年劣化・使用感はございます。  読むにあたって支障はございませんが、  ご了承の上お買い求め下さい。) エルケ・ハイデンライヒ 作 ミヒャエル・ゾーヴァ 絵 三浦美紀子 訳 人生、ときとして、自分本来の居場所が どこなのかわからなくなることがあるものです。 エーリカという名前の大きなブタのぬいぐるみが、 生きることにもう一度ある意味を与えてくれる。 別れにきちんと別れることができていない女性に お勧めのお話です。 「エーリカ - あるいは生きることの隠れた意味 -」 2003年11月15日 第1刷発行 2005年6月15日 第2刷発行 ISBN9784384040098 67p 185mm×145mm 文字は横書き。 1ページに20行。 漢字に振り仮名は無し。 ヒロインの名前はヴェローニカ 元恋人の名前はフランツ ブタの名前はエーリカ ヴェローニカの一人称で書かれたお話。 ドイツの書籍です。 ミヒャエル・ゾーヴァ絵の他の本↓ https://nogatagufo.official.ec/items/7012289 https://nogatagufo.official.ec/items/7188809 https://nogatagufo.official.ec/items/7190057 https://nogatagufo.official.ec/items/7231595 https://nogatagufo.official.ec/items/7260348 https://nogatagufo.official.ec/items/7325940

  • ¥ 1,728
  • バージニア・リー・バートン 文と絵 石井桃子 訳 1943年にアメリカの最優秀絵本として コールデコット賞をうけました。 自分では動くことのできないちいさなおうち 周りの環境の変化や想いが優しく描かれています。 幸せなことってなんだろう。 移り変わりが忙しい昨今、 自分にとっての幸せが見つけられる絵本。 「ちいさいおうち」 Copyright 1942 1965年12月10日 第1刷発行 2016年10月5日 第62刷発行 ISBN9784001105537 40p 232mm×250mm 文字は多め(1ページに10行ほど) 漢字(ふりがな有)と数字も少し出てきます。 絵は細かく、見れば見るほど発見があります。 色使いはちいさいおうちの気持ちに沿って、 明暗ともにあります。 犬・猫・鳥・牛・馬が 絵のなかにいます。

  • ¥ 1,296
  • ハナ・ドスコチロヴァー 作 ズデネック・ミレル 絵 木村有子 訳 輝く星のゆめをみて、 目覚めたもぐらくん。 春の掃除をはじめると きれいなみどりのいしが、 でてきたのです。 そこでもぐらくんはおもいつきます。 「みどりのいしがそらでかがやいたら、 きっといちばんきれいなほしになるだろうな」 さあ、それからが大変。 なんとかみどりのいしを夜空へもっていこうとします。 ともだちの力をかりたり、いじわるされたり・・・。 この絵本を読み終えた後は、 夜空に緑色に光る星を探しちゃうかも。 見つかったらきっとそれは もぐらくんが持っていたみどりの石です。 「もぐらくんとみどりのほし」 ISBN9784032101409 Copyright 2003 2012年1月初版1刷 32p 27×21cm 文字は多いですが、 ほぼひらがなです。 カタカナが数か所出てきます。 もぐらのほかに、うさぎ、かえる ことりたち、カササギが出てきます。 絵のタッチはふんわりクレヨンで描いたような 雰囲気で、夜のお話なのにやわらかな 月の光にてらされて、ドキドキします。

  • ¥ 1,404
  • エドアルド・ペチシカ ぶん ズデネック・ミレル え うちだ りさこ やく 「もぐらとずぼん」で作ったズボンをはいたもぐら。 色々な色の車の列の一台に、 犬が乗っているのを発見します。 「いぬが じどうしゃを もっているんだったら、 もぐらのぼくだって もてるはずだ」 そう考えてからが、さあ大変。 街で拾ったあれこれで、自動車を作り始めます。 さてさて、どうなることでしょう。 もぐらの大奮闘を読み終えたとき、 お子さまもぐっすり眠ってくれて 夢の中で何かを作っちゃうかも。 読み応えたっぷりの絵本です。 「もぐらとじどうしゃ」 ISBN9784834001952 Copyright 1963 1969年5月1日発行 2014年5月1日第51刷 32p 21×29cm 文字は多いですが、 すべてがひらがなです。 一つの見開きに、たくさんの情報量の絵。 色の種類は「もぐらとずぼん」よりは 多いですが、やはり目にやさしい色合いで、 華やかです。 もぐら以外には、白&グレーの耳の長い犬、 ねずみ、ちょう、ありが出てきます。 1ページだけ、人間の子供も出てきます。 横長のチェコの絵本。

  • ¥ 1,404
  • エドアルド・ペチシカ ぶん ズデネック・ミレル え うちだ りさこ やく 「ぼく、つちのなかで、たからものを みつけたんだ。 なわと あんぜんぴんと くぎと まり、それにかがみも。 すごいだろ。」 そんなもぐらくんは、おおきなおおきな ぽけっと のついたずぼんが、ほしくてたまらなくなります。 さあ、それからが大変。 なんと、ずぼんを、糸をつむぐところから つくっていきます。みんなの力を借りて。 そうやって出来上がったずぼんは 宝物ですね。 とてもワクワクする絵本です。 「もぐらとずぼん」 ISBN9784834001266 Copyright 1962 1967年12月1日発行 2014年5月10日 第88刷 32p 21×29cm 文字はかなり多いですが、 すべてがひらがなです。 一つの見開きに、たくさんの情報量の絵。 色の種類はそれほど多くありませんが、 植物の緑と空の青を基調に 目にやさしくそれでいて、鮮やかに 物語が描かれています。 もぐら以外に、チョウやねずみ、 かたつむり、ザリガニ、よしきり、 小さい虫、イモムシ、かえる、 はえ、こうのとり、はりねずみ、 くも、コガネムシ、ありなど 実にたくさんの生き物と、 植物の名前も出てきます。

  • ¥ 648
  • ヨゼフ・ブルクネル 作 ズデネック・ミレル 絵 木村有子 訳 もぐらくんのおはようから おやすみまでが、 色鮮やかに描かれた絵本。 のどが かわいた いちごには、 たくさん おみずを やらなくちゃ。 11シーンにわたるもぐらくんの いちにちは、なかなか楽しそうです。 「もぐらくん、おはよう」 ISBN9784032100105 Copyright 1991 2002年6月 1刷 2009年7月 2刷 22p 14×15cm 小さめのボードブックです。 左ページに文字、右ページに絵。 チェコで50年以上も 愛されているモグラくんシリーズです。

  • ¥ 1,728
  • イレーネ・ディーシェ/ ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー 作 ミヒャエル・ゾーヴァ 絵 那須田淳/木本栄 共訳 ドイツを東西に分けていた壁。 その壁により守られていた ちいさな野生動物たちのお話。 「エスターハージー王子の冒険」 Originally published 1994 1999年10月20日 初版発行 2012年11月20日 9刷発行 ISBN 9784566012851 124p 188mm×128mm 文字は1ページに13行 難しい漢字や言葉もあり、 振り仮名が無い場合もあります。 挿し絵は16枚(内表紙含む) ゾーヴァの絶妙な光と影の挿し絵により ちょっと近寄りがたい空想のお話に 抵抗なく読み進めることができます。 ドイツの読み物です。 ミヒャエル・ゾーヴァ絵の他の本↓ https://nogatagufo.official.ec/items/7012289 https://nogatagufo.official.ec/items/7188809 https://nogatagufo.official.ec/items/7190057 https://nogatagufo.official.ec/items/7231595 https://nogatagufo.official.ec/items/7259600 https://nogatagufo.official.ec/items/7260348

  • ¥ 1,650
  • 石井睦美 さく 酒井駒子 え しろうさぎは もりのなかの ちいさないえで うまれました ちいさないえでしたけれど、 しろうさぎに ひつようなものは なんでもそろっていました だいすきな おとうさんと おかあさん そして・・・ ちいさいころの忘れてしまいがちな些細な一日が ふんわり幸せに満ちた絵本になっています。 「しろうさぎとりんごの木」 ISBN9784799900130 2013年10月 初版第1刷発行 32p 263mm×212mm 文字は多く、カタカナと漢字(ふりがな有)も 少し出てきます。 お母さんうさぎとお父さんうさぎとの 会話と、赤ちゃんうさぎの気持ちが 易しい言葉で表現されています。 絵は境界線のあいまいさが、 赤ちゃんうさぎの表情をより 印象深くしています。 お母さんうさぎの優しい表情も 印象深いです。

  • ¥ 1,620
  • 酒井駒子 作 うさぎのぼくが考えます。 ぼく おかあさんのこと・・・キライ。 キライな理由をとくとくと述べてるのを聴いていると 実はお母さんが大好きなんだなって思います。 「ぼく おかあさんのこと・・・」 2000年5月 初版第1刷発行 2015年4月 第24刷発行 ISBN9784894232617 32p 27cm 字は少なめ。 カタカナとひらがなのみです。 お子さまが母の日にお母さんに プレゼントしても素敵かも。

  • ¥ 1,512
  • マージェリィ・ウィリアムズ ぶん いしいももこ やく ウィリアム・ニコルソン え さし絵のページに名前が付いています。 ・クリスマスの朝・・・11 ・木馬、じぶんの身のうえばなしをする・・・14 ・春・・・20 ・夏の日・・・24 ・しんぱいなとき・・・33 ・妖精の花・・・39 ・ああ、とうとう!・・・42 ビロードの布でできたうさぎが どういう人生ならぬ、ぬいぐるみ生を 過ごしたか書かれています。 ほんとうのうさぎになるには。 無償の愛とは。 「ビロードうさぎ」 First published 1922 2002年3月15日 第1刷発行 2014年12月20日 第14刷発行 ISBN9784887500365 48p 24×18cm 文字は多いです。縦書き。 振り仮名がある漢字と、 ない漢字があります。 酒井駒子さんの「ビロードのうさぎ」より ずっと前に翻訳された本。 受ける印象がまた違います。 http://nogatagufo.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

  • ¥ 1,620
  • ゼバスティアン・メッシェンモーザー 作 関口裕昭 訳 ある日の散歩中、 わたしは一羽のペンギンに出会った。 「空の飛びかた」 Copyright : 2005 2009年4月20日 第1刷発行 2016年7月10日 第4刷発行 ISBN9784895726887 49p 21×23cm 文字は少な目ですが、 漢字(ふりがながないものも)出てきます。 薄く色のついているページもありますが 基本デッサン風の作画。 ひとつひとつのページで いろんな物語が考えられそうな。 https://nogatagufo.official.ec/items/5646555 https://nogatagufo.official.ec/items/5602182 https://nogatagufo.official.ec/items/5591148 http://nogatagufo.blog.fc2.com/blog-entry-442.html

  • ¥ 1,362
  • マーグレット・E・レイ 文 H・A・レイ 絵 中川 健蔵 訳 一匹だけ模様が違って生まれたスポッティ。 大人は、みんなと違うって驚きます。 子どもたちは、大人の言っていることがわかりません。 「みんなとちがうって、どこが?」 「みんなとちがうって どういうこと?」 相手を想っているからこその大人の態度に、 子どもの心がもう少しで生きにくい心に育ってしまいそうな。 その前に、大人も子どもも大切なことに気が付ける。 そんな絵本ではないでしょうか。 そっと、本棚の片隅にでもおいておきたいお話です。 「おかえりなさいスポッティ」 Copyright : 1950 1984年9月16日 第1刷発行 2012年4月6日 第16刷発行 ISBN9784579401932 32p 25×19.5cm ドイツの絵本 文字は多めです。19行ほどのページもあります。 目をつぶっていても情景が思い浮かべられるので お休み本に最適かもしれません。 白い兎と茶色の模様の兎がたくさん出てくるので、 数を学ぶのにもよいかもしれません。 漢字は出てきませんが、カタカナは出てきます。 「どうながのプレッツェル」↓ https://nogatagufo.official.ec/items/5768154

  • ¥ 648
  • (古書:目立った色落ちや破れなし。  とてもきれいな絵本ですが、中古品になりますので  経年劣化・使用感はございます。  読むにあたって支障はございませんが、  ご了承の上お買い求め下さい。) アクセル・ハッケ 作 ミヒャエル・ゾーヴァ 絵 那須田淳/木本栄 共訳 ハッケはちょっとひと休みして 地球上の生き物たちへ目を向けてみたらと アドバイスしてくれたのじゃないでしょうか。 現実と空想世界を行ったり来たりしながら、 生き物たちと遊んでいるうちに、どことなく くすんで見えた私の日常も、みずみずしい色を 取り戻してきたような気がします。 訳者あとがきより 26種類の生物について 生物学的な特徴を、ハッケ独自の 誰ともかぶらないような想像力で 説明している一冊。 クマ、セキセイインコ、フラミンゴ、 アカシカ、ヒツジ、クジラ、ハイエナ、 ニワトリ、ヒキガエル、ニシン、 ウサギ、キリン、ゴキブリ、パグ、 ミミズ、ワニ、カッコウ、コガネムシ、 グレートデーン、ハト、ペンギン、カメレオン、 ゴールデンハムスター、プードル、サイ、ゾウ 「キリンと暮らすクジラと眠る」 Copyrigh 1995 1998年7月1日 第1刷発行 1998年9月22日 第2刷発行 ISBN 9784062091602 174p 195mm×135mm 文字は1ページに16行。 174p中18pにゾーヴァの挿し絵。 難しい漢字には振り仮名があります。 ドイツの書籍。 ミヒャエル・ゾーヴァ絵の他の本↓ https://nogatagufo.official.ec/items/7012289 https://nogatagufo.official.ec/items/7188809 https://nogatagufo.official.ec/items/7190057 https://nogatagufo.official.ec/items/7259600 https://nogatagufo.official.ec/items/7260348 https://nogatagufo.official.ec/items/7325940

  • ¥ 1,512
  • ロラン・ド・ブリュノフ 作 石津ちひろ 訳 あしたはだいすきな おばあちゃんの たんじょうび。 キリンのセラフィナは、ともだちといっしょに おいわいのケーキをやこうとけいかくします。 ところが、くるまがどろにはまったり、 ともだちがけがをしたり、つぎつぎと アクシデントにみまわれて・・・ カンガルー、サイ、カバ、かえる ワニ、うさぎ、さるが出てきます。 「キリンのセラフィナ」 2014 2015年7月1日 第1刷発行 ISBN9784776406983 32p 29×22cm 字は多め。多いページは14行。 漢字はないですが、 カタカナが出てきます。 ハッピーエンド。 http://nogatagufo.blog.fc2.com/blog-entry-441.html

  • ¥ 1,728
  • エリック・チェン 作 みはらいずみ 訳 車輪のウィリーは、 公園のかざりです。 ・・・くるくる カラコロ くるくる ウィリーのまわる音をきいて、 みんながまわりに あつまってきます。 さて、そんなウィリーに いったいどんなことが おこるのでしょう? 「車りんのウィリー」 Copyright : 2005 2006年8月 第1刷発行 ISBN9784907738447 38p 29×22cm 字は多め。 カタカナと漢字(ふりがな有)も 出てきます。

  • ¥ 1,512
  • ロラン・ド・ブリュノフ 作 石津ちひろ 訳 けんかもするけど みんななかよし!! キリンのセラフィナシリーズ 第2作 おばあちゃんのところで なつやすみをすごした キリンのセラフィナは、なかまたちと ヨットでかえることにしました。 やんちゃな子どもたちが集まって冒険気分が つぎつぎにハプニングがおきて・・・。 「ぞうのババール」シリーズの作家が描く コミカルで心あたたまるお話。 フランスの絵本です。 「セラフィナせんちょうになる」 2016年7月1日 第1刷発行 ISBN9784776407683 32p 290mm×220mm 文字は多く、 友達の名前は難しいカタカナ。 (第1弾と登場動物は同じ) ↓↓↓「キリンのセラフィナ」 https://nogatagufo.official.ec/items/5822092