2011年

  • ¥ 1,980
  • ショーン・タン 著 岸本佐知子 訳 町のはずれに住んでいた 水牛のこと、覚えている? 誰にも愛されなかった物から ペットを手作りすることや 結婚までのとても危険な道のりの話、 それから 異次元からのちっちゃな 交換留学生のことーー (見開きより) 15のお話が詰まっています。 あなたに話しかけているような 独り言のようなそんな雰囲気の絵本です。 読み応えあり。 ショーン・タン独特のもの寂しげな絵ではなく ほんのり優しくてちょっとコミカルな回もあり。 大人と子供で意見が分かれる面白さです。 「遠い町から来た話」 TALES FROM OUTER SUBURBIA Text and illustrations copyright@2008 by Shaun Tan 2011年10月20日 初版印刷 2011年10月30日 初版発行 ISBN 9784309205779 96p 247mm×192mm 文字は小さく、漢字あり。フリガナなし。 多いページで32行。 ほとんどが、半ページが絵で、半ページが文。 絵のみのページや文字のみのページもあり。 訳者の岸本佐知子さんのあとがきが、差し込まれてます。 そこで、お話の誕生話や本文手書き部分の筆跡者の種明かしがされています。 http://nogatagufo.blog.fc2.com/blog-entry-602.html 「ロスト・シング」 https://nogatagufo.official.ec/items/29538897 「夏のルール」 https://nogatagufo.official.ec/items/29568970

  • ¥ 1,728
  • ユリア ヴォリ 作 しまだ ゆか 訳 夢の中でなまけ者になる人たちのために。 玄関のベルがなった。 それはびしょぬれのきのこだった。 汗をかいているのか、 泣いているのかよくわからなかったけど、 少なくとも雨は降っていなかった。 「ぶたときまぐれきのこ」 First Published 2006 2011年5月 初版第1刷発行 2012年7月 第3刷発行 ISBN 9784894235045 48p 224×280mm 絵ははっきりとした色づかい。 お話に出てくる小物が丁寧に描かれています。 文字は小さく、多いです。 文章も奇異です。 読み聞かせてあげれば、 子どもは喜ぶかもしれません。

  • ¥ 1,404 SOLD OUT
  • シェル・シルヴァスタイン 作 長田 弘 訳 清水 みどり 書き文字 サイは、コートのハンガーにもなるし、 かわいらしいでんきスタンドにも なるんだよ。 こんなサイ 家にいたらいいって おもわない? 「めっけもののサイ」 Copyright : 1964 2011年9月10日 第1刷発行 2013年11月20日 第2刷発行 ISBN9784776404460 57p 23×26cm 文字は少なめです。 漢字(ふりがなあり)と、カタカナが やや出てきます。 黒いペン一本で白いページにシンプルに 描かれた絵本。色があるのは表紙のみ。 前頁にもちろん、サイが出てきます。

  • ¥ 1,512
  • どいかやさんの 日々の暮らしぶりや、 お気に入りの絵本の紹介、 デビュー前の手作り絵本の公開など 盛りだくさんです。 なんども開いてみたくなる本です。 「Pooka+ どいかや ねこと 葉っぱと 鳥とかぜ」 2011年9月13日 第1刷発行 ISBN9784054050242 96p 300mm×225mm 大人向けです。

  • ¥ 3,100
  • もともと木の上にある家。 そこに棲みつく白いクマと茶色いクマ。 そこを訪れるたくさんの動物たち。 そこから去るたくさんの動物たち。 訪れる冬と美しい月。 残された白いクマと茶色いクマと木の上にある家。 とても美しく静かでにぎやかな絵本。 ページをめくるごとに目に飛び込んでくる彩。 ワンシーンごとゆっくりと眺めると とても心穏やかになります。 主役は木の上の家です。 「The Tree House」 (Marije Tolman & Ronald Tolman) ISBN 9781590788066 illustrations:2008 32p 338×254mm 洋書です。和書よりサイズが大きく、色味が淡いです。 文字はカバーの折り返しのみ。