2016年

  • ¥ 1,512
  • ロラン・ド・ブリュノフ 作 石津ちひろ 訳 けんかもするけど みんななかよし!! キリンのセラフィナシリーズ 第2作 おばあちゃんのところで なつやすみをすごした キリンのセラフィナは、なかまたちと ヨットでかえることにしました。 やんちゃな子どもたちが集まって冒険気分が つぎつぎにハプニングがおきて・・・。 「ぞうのババール」シリーズの作家が描く コミカルで心あたたまるお話。 フランスの絵本です。 「セラフィナせんちょうになる」 2016年7月1日 第1刷発行 ISBN9784776407683 32p 290mm×220mm 文字は多く、 友達の名前は難しいカタカナ。 (第1弾と登場動物は同じ) ↓↓↓「キリンのセラフィナ」 https://nogatagufo.official.ec/items/5822092

  • ¥ 1,620
  • ロジャー・デュボアザン さく 安藤 紀子 やく むかし、ナイトと よばれる みみずくと、 デイという なの プードルがいました。 ふたりは友達になります。 そのことに気が付かないママとパパ。 こっそり観察をして気が付いた息子のボブくん。 そこでボブくんがとった行動は、 お家の外に犬小屋を作ること。 夜中に吠えるデイをどんどん地下に追いやるパパママと どうして吠えるのかをよく観察し、問題を解決するボブくん。 そんなお話です。 「みみずくのナイトとプードルのデイ」 Copyright 1960 2016年6月1日 初版第1刷発行 ISBN 9784907542283 33p 240×195mm 文字は多く、22行のページも有り。 ひらがなとカタカナのみ。 絵に色は少なく、夜のシーンがしっとり伝わってきます。 流れるようなタッチで描かれた ロジャー・デュボアサンらしさが出ている絵本です。 黒のプードルのヘアーが 自由で、気取らなくて印象的。

  • ¥ 1,512
  • 町田尚子 さく ある日、猫は気配を感じます。 「まちがいない。こんやだ」 町田尚子が描き出す、人間は知らない猫たちの 特別な夜。 猫の秘密、教えます。 真夜中、そうっと出かけていく猫。 その向かう先は・・・ 「ネコヅメのよる」 ISBN 9784872909432 2016年5月25日 第1版第1刷発行 2017年2月28日 第1版第9刷発行 32p 218mm×275mm 原絵は油絵でしょうか。 ずっしりくる迫力と、 見応えです。 色々な毛色の猫が出てきます。 文字はとても少ないです。 カタカナは「ネコ」と「ツメ」だけ。 その他はひらがなのみ。

  • ¥ 2,160
  • カレン・ウィルキンほか 著 柴田元幸、小山太一 訳 表紙をめくると、 窓辺で猫と共に外を見つめる 短パンのゴーリーの写真。 何を想うのでしょう。 ゴーリーの手掛けてきた作品と ゴーリーに最も近いところ(デッサンや自宅写真)が 詰まった一冊です。 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」 Copyright : 2009 2016年4月20日 初版印刷 2016年4月30日 初版発行 ISBN9784309277073

  • ¥ 3,888
  • 北海道大学名誉教授 仲谷一宏 著 新しい分類学体系に対応し、 現生の9目34科105属の代表種を解説。 摂餌、遊泳、生殖、分布、シャークアタックの被害実態、 遭遇時の対応策までサメの最新事情がこの1冊に!! かなりマニアックです。 それでも、じっくり読めば、 素人でもいろいろわかってくるような、 ボロボロになるまで読める本です。 この世に現生するサメの真実が知りたければ お勧めです。 「SHARKSサメ -海の王者たち- 改訂版」 2016年7月21日 初版第1刷発行 ISBN9784893088611 248p 257mm×185mm 文字も多く、よほど難しい漢字にのみふりがな有。 美しい写真より、科学的な写真が多く、 絵も本格的で論文のような書籍。 「日本のサメ研究者は高齢化し、あるものは第一線を退き、 サメ研究者が減少しつつある。若いサメ研究者の成長と 活躍が待ち望まれているのが現状である。」(巻末仲谷氏の言葉より)

  • ¥ 1,620
  • 北海道大学名誉教授 仲谷一宏 著 小学男子は 何度も読みかえしてしまう専門書。 「ガサゴソ ノソノソ」マモンツキテンジクザメ 「スイ~ッ パクリ」オオテンジクザメ 「ノ~ンビリ ユッタリ」ジンベエザメ 「サメのひみつ10」 2016年7月21日 初版第1刷発行 ISBN 9784893088628 127p 210mm×150mm 文字は多いですが大き目で見やすいです。 難しい漢字には振り仮名があります。 サメの部位がそれぞれの項目に分けられ 写真と、絵と、文章で説明されています。 1あたま 2くち 3歯 4眼 5鼻 6耳 7えら 8ひれ 9うろこ 10おちんちん 27種類のサメの神秘的な写真も◎

  • ¥ 1,620
  • SOLD OUT
  • 柳谷杞一郎 著者 執筆(月の章)中村徹 手のひらサイズの星の辞典です。 図鑑ではなく、辞典。 星に関する言葉と、その説明。 ------ 太陽系が位置する銀河はその中でも比較的 小さな銀河だが、それでもおよそ2000億個の 恒星で構成されている。 米粒一つが星だとすると2000億個の米粒は 小学校のプール(25×12×1.2m)15杯分にもなるのだ。 ------ 星を愛で、星を知り、星を語り、 星と対話する。本書がその一助となれば これ以上の喜びはない。 ------- 星座の項、さまざまな動物が出てきます。 「星の辞典」 2016年11月29日初版第1刷発行 2017年7月18日第3刷発行 ISBN 9784844137030 287p 160×115mm 文字は小さく多い。ふりがなは無し。 各ページの表題にのみ読み方が記されています。 各ページ写真に溢れ、 そのうち6枚はNASAからの写真です。 美しく神秘的な一冊です。